猫のメイの最近のブログ記事

その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

130421-04.jpgパトラは完全回復。最近の食欲は以前に輪を掛け旺盛で、薬をあげるのが楽なこと!ハムに包んだ薬を噛むのもそこそこに丸呑み状態でペロリ。足取りもしっかりしてきたし、元気いっぱいです。ただ、たぶん白内障なんでしょうね、あまり物が見えてない様子で、薬のハム包みも本当に鼻先に持って行ってあげなければ分からない感じです。

今回は、最初の獣医さんには見放されたのだと思うけど、手術を決行して本当に良かったと思う。
(前の獣医さんを責める訳ではないです。当初の獣医さんが出してくれた抗生物質が効いて状態が 改善されたので手術が出来たのだと思うし、予後のことを考えると手術に躊躇したことも理解できます。
手術をして下さった獣医さんは 我が家の最初のWANからの獣医さんで、手術も上手ですし、事前の検査、判断のための話し合い、情報提供もしっかりして下さったので踏み切れたんです。
その獣医さんでさえどうしようか?と躊躇していた状態だったのですから・・・・・。ただ、やるなら今しかない!と最悪のことも踏まえての決断でもあったのです。)

「可愛い顔になったね!」とママくまさんが言うように、困った顔のイメージのパトラが無くなり、お茶目娘のような感じがします。 明日は抜糸、一段落ですね。

この寝相

| コメント(0) | トラックバック(0)

130412.jpg完全無防備のこの寝相

このネコは周りの人を信じ切っちゃっているみたいで平気でこの寝相で寝ている。この寝相を見ると「いいなぁ~~~」と羨ましくもなり、思わず頬が緩み気持ちが和らいでくる。

我が家の一員になるに当たり獣医さんの検診に連れて行ったのだが、「このネコは性格がとても良いよ!」と言っていたが本当にその通りだった。

また犬たちに対しても強い警戒・恐怖心もないので犬達とも上手くやってゆけそう。パトラが具合が悪く毛布の上で寝ていたら、このネコ心配して見守っているようにそばに居たとか・・・・・・・。(どうも自分も毛布の上で寝たかった!と言うことが本音だったらしいのだけど(笑))

パトラの手術をした。

メイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

130403-03.jpg5月に迷い込んできたので名前はメイ(別名『ネコ』)。我が家のやんちゃ娘です。

一昨日は何時逃げ出したのか?ばあちゃんが外出する時外にいて「ミャァ~~~!」 ばあちゃんは肝を冷やしたとか。油断も隙も見せられないですな。

 

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28