今度はマグさんかいな・・・・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)

母親のパトラさんが元気を取り戻し一息ついたところで今度は子供のマグさんの調子がおかしい。先週の木曜日頃から食べなくなってきた。週末だったこともあり様子を見ていたけど食欲が回復してこないので獣医さんの所へ行ってきた。
レントゲンで観ると胸に水が溜まっている、抜いてみたら血液混じりの水だった。どうして血液が混じっているのか?検査に回すことに。

5/14日、5/15日と連日の獣医さん通い。
そして治療の最中に、突然マグが逝ってしまった。

相変わらず食欲が戻らないので点滴等処置を行い、獣医さんの帰り道マグさん調子良さそうな様子でした。家に着いて自分で車から降り家の方へ歩いて行き、どうしたことか門の前を通り過ぎて行く様子。「だめだよ!」と前を遮ったら踵を返し車の方へ逆戻り。少し走ったのかな??でもすぐに足がもつれるように前足から崩れ落ちるようにその場に座り込んでしまった。

「ほらみろ!悪いことするからだめじゃないか!」と抱き上げ、そのまま門を入って5,6歩したところで急にマグさんの頭がのけぞるように後にカクンとなって・・・・・・・・。それが最期でした。
玄関で横にして心臓マッサージをしばらく続けたけど回復することはありませんでした。(心臓マッサージの方法は解らなかったので、人間の方法から推してやったのだけど・・・・(結果的に合っていた))

130507mg07.jpg

倒れたときすでに心臓がおかしくなっていたのか?抱かないでしばらく様子を見た方がよかったのか?仰向け抱きでなくうつ伏せ抱きの方がよかったのか?いろんな後悔の念が頭をよぎり、また元気だった頃のマグの走る姿や孫クマたちと仲良く遊ぶ姿、先の連休で孫クマたちといつものように楽しく遊んでいたのに・・・・・、でもよく考えると走り回る元気さはなかったみたいだったな、そのくせ人から離れるように林の中に逃げ込んでみんなを困らせたっけ等々いろんな想いが駆け回ります。
穏やかな性格で、こんな性格の良い子ならもっと欲しいねとママくまさんがよく言ってました。この性格だから孫クマたちの子守役も出来たし、くまさん達も子守を任せられたのだと思います。最近は男前も上がっていて注目度も上がっていたのにな・・・・・・・・・・・。

130507mg08.jpg

多分本人も自分に何が起こったのか判らないで逝ってしまったのでしょうね。今頃「どうして僕ここに居るのかな?」と思案しているかもしれませんね。ちゃんと虹の橋渡るんですよ!
10歳と数ヶ月、心臓に穴が空いていて、母親の乳の出の良さに救われた命と考えれば十分生きてくれたともいえるけど、折角拾ったものだったらもっともっと長く生きてもらいたかった。
 

 

 

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28