メダカの子

| コメント(0)

130501-01.jpgメダカが孵ってた!

先日偶然見つけたメダカの子、保護水槽に移したのだが、そのとき卵を持っていた雌メダカも一緒に保護水槽に移し産卵させた。

そろそろ孵っても良い頃かな?と水槽を調べたら、ピピッと動くゴミがあった。よく見ると孵ったメダカ。朝は1匹だったけど、夜帰ってじっくり数えるとなんと7匹も

この前孵った子に細かくしてあげている餌粒位の大きさしかない。これではメイン水槽ではよほど上手く隠れていないとみんなに食べられちゃうよな。今回の子は特別保護です。実は昨日もお腹に卵を持ってお母さんが泳いでいたけど、保護水槽には移さなかった。あくまで自然の成り行きに任せ、運が良ければ生き残れる。1回の産卵で1,2匹生き残れれば良い方、逆に全部保護していたら水槽が飽和状態になってしまいますものね。水槽といえど小さな自然、強いもの・逞しいもの・賢いもの等々が生き残り、淘汰されて行く場、いずれはそっちに行かねばですよ。

でも、見事に小さく可愛いです。目ン玉と腹の部分が光が当たると輝いて見つけられるのだけど、これが細かくした餌粒くらいに小さいので、餌を入れるとサァ~~どこ行った?です。目ン玉と腹で2個並んでいること、流れに逆らい動くことが多いのでやっと見つけられる。何かあるとピピッ、ピピッと瞬間移動する、その速さたるやそんな力どこにあるの?と人間で言えば100メートルを一瞬で動くようなもの、真似できない。無事に育ったら画像載せますね。今はカメラの焦点を合わせられない。

 

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28